全ての「みなし浄化槽」を、正しき浄化槽へと転換する

浄化槽の日

「浄化槽の日」とは?

dayofJohkasou
平成28(2016)年度 第30回 全国浄化槽大会の様子

 昭和60(1985)年10月1日、浄化槽に関する諸制度を整備した「浄化槽法」(昭和58年5月18日公布・法律第43号)が全面施行されました。
 それを記念して、昭和62年に当時の厚生省、建設省及び環境庁の3省庁の主唱により、毎年101日を「浄化槽の日」とすることとなりました。

 この「浄化槽の日」を中心に、環境にも財政にもやさしく、地震など災害にも強い浄化槽の整備推進、その浄化槽の健全な運営を司る浄化槽法の周知徹底を図るべく、全国で様々なキャンペーンや行事が行われています。
 「浄化槽の日」実行委員会による全国浄化槽大会もその一つであり、日頃、浄化槽界の発展に力を尽くされている方々への表彰の機会などを催しております。

 わが国では、従来まで、汚水処理施設の本道として公共下水道へと大きく舵を取り、浄化槽はその補完、あるいは下水道が接続されるまでの文字通り繋ぎとして捉えられてきました。
 しかしながら、昭和時代に整備した大量かつ大規模なインフラの更新時期を、人口減少社会と共に迎えた今日では、国・地方いずれにおいても、従前の汚水処理計画に対する見直しを行っています。
 浄化槽は決して古いもの、もうすぐ消えてしまうものなどではありません。
 我が国の誇る最新の技術によって常にその質は高められ、また同時に、設置工事・保守点検・清掃といずれの工程においてもジャパンブランドに相応しい価値ある仕事によって、その質が維持されているという、マスターピースなのです。

 新しい時代に、浄化槽を。
 より良い水環境と、持続可能な発展のために、いま私たちができる賢い選択です。

平成30(2018)年度「浄化槽の日」標語の募集

平成29(2017)年度 第31回「浄化槽の日」標語を用いたポスター

 浄化槽は、美しい国土を守るため、身近な生活排水(トイレ・台所・お風呂・洗濯)を適正に処理し、河川などの水質保全に大きな役割を果たしています。しかも、浄化槽は、「下水道と同様の水処理能力を持つ」だけでなく、「建設期間が短く、維持管理コストが安い」生活排水処理施設であり、「地球環境に優しく」「市町村などの財政にも優しい」「地震等の災害に強い」施設です。
  このように優れた浄化槽の普及整備を促進するため、わかりやすい言葉で呼びかける標語を募集するものです。

募集要項(PDF)

↑ PAGE TOP