全浄連ロゴマーク 社団法人 全国浄化槽団体連合会
| サイト内検索 | 更新履歴 | サイトマップ |
| 個人情報保護 | 著作権に関して | お問い合わせ |
 トップページへ戻る
 

美しい水環境の創造へ

     
 合併処理浄化槽とは?
自然を守る合併処理浄化   微生物の働きで浄化
快適な生活ときれいな水 浄化槽は維持管理が大切です
   お見舞い  
 
鳥取中部地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また、熊本地震・東日本大震災からの一日も早い復興をお祈り申し上げます。
 
     
 
【ご参考】大震災等、緊急時のために協会として準備しておくべきこと    
 
     
 
防災協定ひな形(Word 47kB)    
 
 
ひな形使用上の注意(PDF 939kB)    
 
   浄化槽被害状況確認チェックシート(Word 98kB)  
  
  水環境保全助成事業  
平成28年度水環境保全助成事業の概要、募集要項
水環境保全助成事業費申請書がPDFファイルでダウンロードできます。           
ダウンロード(Word 34kB)  
 
 Topics
去る11月17日に、日本サニテーションコンソーシアム(JSC)が、アジア開発銀行(ADB)と共に出版されました「日本におけるサニテーションと持続的発展(Sanitation and Sustainable Development in Japan)」は、20世紀後半の我が国が短期間に汚水管理率を急速に引き上げることができたその背景を、下水道整備や分散型汚水処理に係わる政策・法制度・財政制度に焦点を当て、北九州市、神戸市、さいたま市、さいたま新都心、多度津市という5つの自治体の試みを例に引いて、解説しています。
 全浄連といたしましては、JSCとADBによるこの素晴らしい企画を通して、より多くの人々に我が国の環境保全の試みを知っていただきたく、当該冊子の一部をご紹介いたします。(本文:英語)


  尚、当該冊子の全文はADBの紹介ページから無料でダウンロードが可能となっております。ご興味・関心を持たれた方は是非ご覧ください。(2016/12/08)NEW!
 
以前お知らせいたしました和歌山県における「みなし浄化槽」から浄化槽への転換事業につきまして、続報をお伝えいたします。
 全国に先駆けて浄化槽分野における水環境保全と地方創生に取り組む和歌山県の事業を是非ご覧ください。(2016/12/07)NEW!


 
一般社団法人 兵庫県水質保全センターの公式サイトにて、2016年12月26日に兵庫県で開催される「浄化槽トップセミナー」のプログラムが公開されました。(2016/12/06)NEW!


 
「水と環境保全対策の専門誌『用水と廃水』12月号(vol.58)」に、全浄連会長 佐藤 佑が寄稿させていただきました。是非ご覧ください。(2016/12/06)NEW!

 
12月1日にご紹介いたしました和歌山県の仁坂知事が推進する「おもてなしトイレ大作戦」に関連して、和歌山県で行われた公設浄化槽の競争入札を紹介いたします。(2016/12/06)NEW!



 
PHYS.ORGによれば、ゲント大学の研究者たちが、“爆食い”バクテリアを用いて、エナジーニュートラル(場合によっては新たにエネルギーを生み出すことも可能)な下水処理手法を発見したとのことです。(参考サイト)(元記事は英文サイト)(2016/12/05)  
公益財団法人 日本環境整備教育センターが、来年10月に岡山県にて開催される「第31回全国浄化槽技術研究集会」の日程を発表されました。(2016/12/05)  
全浄連は、全国浄化槽推進市町村協議会を訪問し、浄化槽機能保証制度のさらなる利活用のため、全浄協登録浄化槽の保証制度への登録義務付けを要望いたしました。 (2016/12/01)

 
和歌山県が発行する広報誌「和歌山県民の友」で、仁坂吉伸知事が、県の汚水処理人口普及率を上げるべく、合併処理浄化槽の導入を強く推奨されています。全浄連といたしましては、「水のくに、わかやま」のイメージを守るべく奮闘される同知事のご活躍を、日本全国の皆々様に広く知っていただきたく、ここに記事をご紹介させていただきます。(2016/12/01)


                                                          
 

→その他のTOPICS一覧

   
 
 
会員ページ 全浄連会員専用ページです。
 
 ( 一社)全国浄化槽団体連合会 〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町13番地 東京洋服会館7階 TEL 03(3267)9757(代) FAX 03(3267)9789  map
 
 
Copyright
Get Adobe Reader PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerが必要です。
←ここからダウンロードできます。 (無料)